ご自宅窓の防犯・防災対策は万全ですか?

カテゴリー:

梅雨に入り、少しずつ蒸し暑い日も増えてきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は、ご自宅窓の防犯・防災対策に最適なガラス用フィルムについてご案内させていただきます。

ガラス用フィルムは、種類によって様々な効果の違いがあります。

用途・目的によって上手に使い分けましょう。

ここでは3つの効果についてご紹介します。

◆防犯フィルム

窓からの侵入手口で最も多い「ガラス破り」には、時間稼ぎのできる「防犯フィルム」が有効です。

侵入にかかる時間が5分を超えると、泥棒の7割が犯行をあきらめ、10分では9割が犯行をあきらめるといいます。

5分以上の破壊行為に耐えられるかどうかがポイントです。

jiko_dorobou_window[1]

◆飛散防止フィルム

地震・台風・衝突事故等でガラス破損したときに、破片が飛び散るのを防止し、

ケガなどの二次災害を防ぐことができる機能を持つのが、「飛散防止フィルム」です。

また、強化ガラスや網入りガラスであっても、飛来物がガラスを貫通することを防ぐのは困難ですが、

フィルムを貼ることによって貫通しにくくなり、重大事故防止にもなります。

jiko_jishin_kagu_tentou[1]

◆日照調整フィルム

太陽の光を反射することで、室内に入り込む熱線の量を調整する効果を持つのが、「日照調整フィルム」です。

夏は紫外線と太陽熱を遮断し、室内の温度上昇を抑え、

エアコンの消費電力を抑えることができ、快適エコな暮らしも実現可能に!

ご興味のある方は、リフォームハウス結工房へお気軽に、お問合せ下さい。